博報堂アイ・スタジオってどんな会社?【ビジョンに掲げたDESIGNの意味】
見出し画像

博報堂アイ・スタジオってどんな会社?【ビジョンに掲げたDESIGNの意味】

みなさんこんにちは!博報堂アイ・スタジオ広報のしいはしです。
今日は、“博報堂アイ・スタジオってどんな会社?”をテーマにお伝えしたいと思います。移動の間やコーヒーを飲みながらなど、気軽に読んでいただけたら嬉しいです。


▶︎会社の事業

当社は、博報堂DYグループの中でデジタルを強みにした企画と制作の会社です。
https://www.i-studio.co.jp/corporate/

会社概要には「インタラクティブ領域におけるクリエイティブ、デジタルマーケティング・CRMのプランニング・制作・運用、およびシステム開発業務」と記載しているのですが、正直、具体的にイメージしづらいですよね・・・・・・。
噛み砕いてお伝えすると、クライアントの課題解決の為、大規模な企業サイトやプロモーションサイト、アプリなどのデジタル制作物をプラン設計から、制作、運用までワンストップで行っている企業です。

2000年に設立し、今年ちょうど20周年を迎えました。(祝!)


▶︎ビジョン


私たちは、2025年までの中期ビジョンとして「DESIGN, DESIGN, DESIGN. 暮らしを、感動を、実行を」を掲げています。
ビジョンの「デザイン」という言葉は、単なる視覚的なデザインにとどまらず、語源の“課題解決の為に設計し形にする”という意味合いで使われています。

その背景には、私たちが作るWebサイトやデジタル制作物は「生活者」に使っていただいて初めて生きるものという考え方があります。
マーケティングにおいて、人の心を動かす心理のことを「インサイト」と言います。生活者のインサイトに訴えるようなコンテンツを創り出すのが、私たちの役割です。見た目の美しさだけではなく、生活者の心を動かし、暮らしを豊かにしたり、使った人に感動を与えたり、コミュニケーションが生まれたりすることを目指しています。

画像2


ちなみに、博報堂グループのフィロソフィーには「生活者発想」という言葉があります。これは、人を単に「消費者」として捉えるのではなく、多様化した社会の中で主体性を持って生きる「生活者」として全方位的に捉え、深く洞察することから新しい価値を創造していこうという考え方です。この視点は、当社にもしっかりと受け継がれています。

▶︎どんな人が働いている?

多種多様なスペシャリティをもった社員が活躍しています。大きく分けると、アカウント、クリエイティブ、エンジニア、バリュープランニング、バックオフィスに分かれており、全体の75%がアカウント、クリエイティブ、エンジニアで構成されています。


<アカウント>
デジタルコミュニケーション施策の企画立案・提案、プロジェクト全体をまとめていく、プロデューサーやディレクター

<クリエイティブ>
表現面のプロフェッショナルとして、デジタルを中心とした広告コミュニケーションをデザインする、アートディレクターやデザイナー

生活者のリアルな行動を観察・分析。発見したインサイトによって、オンライン・オフラインを統合し、生活者に最適な体験を設計・提案・実装していく、プラナーやUXデザイナー


<エンジニア>
フロントエンド・バックエンド・インフラなどWebサイトやアプリなどの設計・実装、WEBシステム開発や保守運用などを担う、エンジニア


そのほか、新規業務開拓・自社事業等を担う<バリュープランニング>、スタッフ機能の<バックオフィス>。様々な職種がチームアイスタとして一丸となりデジタル・クリエイティブを提供をしています。

画像6



▶︎文化


チームで仕事を進めていくため、時には雑談も交えながらコミュニケーションが活発に行われています。社内の業務連絡に使用しているSlackのカスタム絵文字は、2500種類以上...!随時社員が制作して追加しているようで、知らないうちに増えています(笑)。

私のお気に入りは、こちら。
感謝の気持ちを表したい時や、シンプルにすごい!素敵!と思った時に使っています。

ステキ!

画像4

中には、こんなものも・・・。いつ使われるんでしょう。(笑)

画像6

チームでコミュニケーションをとるだけでなく、Slackを使って知りたい情報を質問したり、情報を提供したりと全社での連携も日々行われています。他にも、グループ内のセミナーを受けられる機会も多く、様々な知識や最新トレンド情報をシェアし合う風土が根付いていると思います。


また、マーケティング用語や、IT業界の専門用語がよく使われています。
例えば、フィジビリティ(実現可能性)、エグゼキューション(実施・施策・実行のこと)、グロースハック(ユーザーデータ分析から課題解決していく手法)などなど。当社の社員は、こういった専門用語を使いこなして業務を行っています。自然に使いこなしている人は、まさに「専門家」という感じですよね!

広告業界&IT業界はどんどん新しい言葉が生まれますので、そういった点で、専門家の集まる、刺激的で楽しい環境だと思います。

なお、新卒入社時にはデジタルの知識がなくても、好奇心と向上心があれば日々の業務の中で身に付けることができます。新卒社員の方には研修や先輩がサポートしてくれるOJTトレーナー制度もありますのでご安心ください!


画像 (1)

▶︎最後に


今回は、「アイスタってどんな会社?」をテーマに書いてみました。
長くなってしまいました・・・。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
ご興味を持っていただいた方はぜひ当社HPもご覧いただけたら嬉しいです。

おまけ


▶︎昨年度のリクルートサイトが、国際的なアワード「W3Awards」でBest Art Direction部門でSilverを受賞をしました!
ぜひチェックしてみてください。
https://www.i-studio.co.jp/recruit2021/


▶︎博報堂アイ・スタジオでは、中途採用も募集しています!
https://js01.jposting.net/i-studio/u/job.phtml

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!公式の採用担当Twitterでは、採用の最新情報や日々のことを発信していますので、もしよければフォローをお願いします!

ありがとうございます!
博報堂DYグループのデジタルクリエイティブ企業、株式会社博報堂アイ・スタジオ のnoteです。